タイトル即位の礼の記念硬貨(2019年)発売予定はいつ?買取プレミアムや価値を調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。わたそんです。

今日のニュースで、現在の皇太子さまの

即位の礼に合わせて、

政府は記念硬貨の発行を検討していると

発表されました。

2019年は、天皇陛下の在位30年となる

1月や4月末にも

記念硬貨を発行することかもしれない

ということで、記念貨幣イヤーに

なりそうです。

 

 

今日は、即位の礼の記念硬貨について

書いていこうと思います。

スポンサーリンク

 

記念硬貨とは?

記念硬貨を最初に発行したのは、

ローマ帝国だそうで、ヨーロッパでは、

王室の慶事で発行されることが多いです。

 

 

日本で最初に記念硬貨は発行されたのは、

1964年の東京オリンピックで、

1000円銀貨と100円銀貨の

2種類が発行されました。

 

 

日本での記念貨幣の歴史は

意外に浅いんですね~(^^;

 

 

発売予定はいつ?

記念硬貨の発売の日程が

気になります!!

 

今後の天皇陛下のスケジュールを

見てみましょう。

 

  • 2019年1月 天皇陛下 即位30周年
  • 2019年4月 天皇陛下 退位
  • 2019年5月 皇太子さま 即位
  • 2019年10月 皇太子さま 即位の礼

 

となっています。

 

 

 

ちなみに・・・

昭和天皇の即位の時は

記念貨幣は発行されていません。

 

東京オリンピックの時が最初の発行ですもんね!

 

他の記念貨幣の発行は…

 

「昭和天皇陛下御在位60年記念」

→ 昭和61年発行

 

※拡大は画像をタップ

 

 

「平成天皇陛下御即位記念」

→ 平成2年発行

 

 

どちらも翌年だったんですね!

 

ということは、

皇太子さまの即位の礼の記念貨幣は

2020年に発行される可能性が高い!

 

 

 

発売される貨幣の種類は?

  • 1万円金貨
  • 500円ニッケル黄銅貨

 

 

金貨は金を素材として作られた貨幣ですが、

ニッケル黄銅貨って…??

 

ニッケル黄銅貨は、今の黄色がかった

500円玉と同じ物です!

 

 

 

購入方法は?

500円ニッケル黄銅貨は、

取扱金融機関の窓口において

額面価格で引換えできます。

 

 

銀行や郵便局で購入ができる

ということですね。

 

一万円金貨は、

造幣局による販売となるそうです。

 

一万円金貨は、

プレミアム貨幣といって、

通常使用される貨幣の素材とは異なり、

その素材に金や銀などの貴金属

が含まれる等、

製造費用が額面価格を超える貨幣となり、

通常の金融機関では取り扱っていません。

 

 

 

どちらも、発行枚数が限られているので、

発行されたら

すぐ購入しないと

売り切れてしまいそうですね。

 

 

 

プレミアムや価値は?

 

記念貨幣は、通常額面通りの金額で

換金ができます。

 

でもでも、ちょっと待った!!

 

記念貨幣には、額面以上の価値が出る

ことがあるという噂を聞きました!!

 

これは気になる~(´艸`*)

本当なんでしょうか?

 

 

 

比較してみるのはやっぱり、

平成天皇が即位したときの

記念貨幣!!

 

 

 

この時発行された記念貨幣は

  • 500円白銅貨
  • 100,000万円金貨

 

の二種類。

 

 

 

現在

「天皇即位500円銅貨」

 

価値は

某買い取り業者によると

2000円前後

 

 

「天皇即位10万円金貨」

価値は18万円前後

 

 

上がってますね~♪

 

 

金貨の方は、これからも価値が

上がっていく可能性があるんですって!

 

 

 

 

貨幣の状態も影響するそうなので、

綺麗な状態で保管が

大前提でしょうね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今日は皇太子さま即位の礼の

記念硬貨について調べてみました。

 

 

 

発売は

2020年の可能性が高い。

 

1万円金貨

500円ニッケル黄銅貨

二種類の記念貨幣が発行される予定。

 

 

一万円金貨は造幣局

500円銅貨は金融機関で購入ができる。

 

 

 

即位の礼記念貨幣は、

額面以上に価値が上がることもある。

 

 

ということでした。

 

私も記念貨幣、購入したいな。

 

みなさんも購入してみては

いかがでしょうか?

 

ではでは。。。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*