ご当地ナンバープレート(図柄入り)申請方法や費用は?デザインや取付方法も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。わたそんです。

2018年5月22日、国土交通省からご当地ナンバープレート(地方版図柄入りナンバープレート)の交付を2018年10月頃からスタートすると発表がありました。

 

地域の風景や観光資源を図柄にした「地方版図柄入りナンバープレート」のデザインは公募され決定しました。

第3弾のデザインも楽しみにされていた方も多いと思います。

 

ご当地ナンバープレートは、

「自動車を走る広告塔にして地域の魅力を全国に発信していこう!」

という取り組みから、すでに導入されています。

 

東京2020オリンピック・パラリンピックや、ラグビーW杯を記念して交付された図柄入りナンバープレートは、みなさんご存知ですよね(^o^)

 

今日は、

  • ご当地ナンバープレート(地方版図柄入りナンバープレート)のデザインは?
  • ご当地ナンバープレート(地方版図柄入りナンバープレート)の取得・申請方法や費用を調査!
  • ご当地ナンバープレート(地方版図柄入りナンバープレート)の取り付け方法など

についてまとめていこうと思います。

 

この機会にご当地ナンバープレートを取得して、「走る広告塔」になりませんか♪

 

スポンサーリンク

ご当地ナンバープレート(図柄入りナンバープレート)のデザイン一覧まとめ!

2018年5月に発表された、

第3弾のご当地ナンバープレート全41地域のナンバープレートのデザインを紹介していきましょう。

 

東北地方

東北地方のご当地ナンバープレートの中で、私が個人的に良いな~と思ったのは、

山形 「さくらんぼの里」

仙台 「伊達政宗公と仙台七夕まつり」

です。

 

カラフルで可愛いナンバープレートに仕上がってますね♪

 

 

関東地方

関東地方のご当地ナンバープレートの中では土浦の「帆引き船、花火」が目を引きます。

花火の花びらの数が11枚描かれていますが、その理由は土浦ナンバー地域11市町村をイメージしているんだそう。

 

成田のデザインも交付される7市町(成田、富里、山武市と神崎、多古、芝山、横芝光町)が虹で表現されています。

「飛行機が飛ぶ街」をイメージです。

 

細かなところまでしっかり描かれていますね。

 

 

北陸信越地方

北陸信越地方のご当地ナンバープレートの中では、金沢の「雪つり梅鉢紋」が綺麗です。

金沢らしい雪つりがシンプルに美しく描かれています。

 

 

中部地方

中部地方のご当地ナンバープレートはどれもカラフルです。

特に印象的なのは、福井「恐竜」です。

肉食恐竜「フクイラプトル」の骨格化石がモチーフになっています。

福井県勝山市北谷(きただに)で化石が発見され、平成12年(2000)新種と認定された恐竜です。

 

 

近畿地方

近畿地方のご当地ナンバープレートは、京都「花紋様 天橋立・五重塔」がとても綺麗です。

綺麗な模様の中に五重塔と天橋立が描かれていて、シンプルですが目を引くデザインとなっています。

 

 

中国地方

中国地方のご当地ナンバープレートは、福山「広島東洋カープ」が可愛いですね!

ボールが今にも飛んできそうな躍動感のあるデザインとなっています。

 

 

四国地方

四国地方のご当地ナンバープレートは、高知「はりやまばし カツオ」を紹介します。

ひと目で「高知=カツオ」というのがわかるご当地ナンバープレートになりました。

 

高知をPRするにはピッタリのナンバープレートだと思います。

 

 

九州地方

九州地方のご当地ナンバープレートは、くまモンが可愛い熊本ナンバーが好きです。

ちょこっと覗くくまモンがとっても可愛い♪

 

ナンバープレートに描かれている模様は、加藤家の家紋「蛇の目紋」と細川家の家紋「九曜紋」を、薄い青色は熊本のきれいな水をイメージして描かれています。

画像引用元:http://www.mlit.go.jp/common/001234936.pdf

 

どのご当地ナンバープレートもそれぞれの地域をイメージさせるデザインになっていました。

お気に入りはありましたか?

 

 

軽自動車や事業用の図柄入りナンバープレートは、「黄色」や「緑色」の縁取りがあるナンバープレートになります。

↓↓こんな感じです。

画像引用元:http://www.mlit.go.jp/common/001234939.pdf

 

縁取りだけでも、ひと目で事業用や軽自動車の判別が付きますね!

 

スポンサーリンク

ご当地ナンバープレート(図柄入り)取得・申請方法や費用を調査!

では、

ご当地ナンバープレートは、どうやって取得できるのでしょうか?

次に、申請方法や取得方法を紹介していきましょう!

 

ご当地ナンバープレートは、今乗っている車のナンバーそのままで交換ができます。

 

もちろん、

新しい番号でも取得が可能です。

 

人気がある番号だと、抽選になることもありますが・・・

 

ただ1つ注意点として、

ご当地ナンバープレートには「字光式」がありません。

今現在、字光式ナンバーが付いている車両のナンバーを交換する際は注意してくださいね。

※字光式ナンバーとは、文字が光るナンバープレートのことです。

 

 

ご当地ナンバープレートの申請方法は?

それでは、取得方法を紹介していきましょう。

 

2018年5月現在、取得方法はまだ公表されていませんが、

東京2020オリンピック・パラリンピック記念ナンバープレート同様、専用のウェブサイトから申し込みをすることになると思われます。

(詳細が発表されしだい追記します。)

 

図柄入りナンバーを申し込むことができる車両は、登録自動車の自家用・事業用、および軽自動車の自家用の3区分だけに限ります。

 

それ以外の車両、軽自動車の自家用でもナンバーのかな文字が「わ」および「A/B」の車両は申請ができません。

 

 

申請に必要な書類はこちらです↓↓

  • 使用者の印鑑(認印)
  • 自動車検査証(車検証)
  • 古いナンバープレート(車両番号標)
  • 自動車検査証記入申請書 (陸運局で入手可能)
  • 自動車税申告書(陸運局で入手可能)
  • 手数料納付書(陸運局で入手可能)
  • 希望番号予約済証(希望者のみ)

 

申請方法は、

  1. インターネットで申し込み
  2. 寄付金と交付手数料を支払い
  3. 交付可能期間内(1ヶ月以内)に陸運局(運輸支局)や軽自動車検査協会事務所で登録・届出をする

とこれだけなんです!

 

意外と簡単~♪

 

 

ご当地ナンバープレート取得にかかる費用は?

ご当地ナンバープレートを取得する時に気になるのが、費用・・・。

 

ここからは、

ご当地ナンバープレートを取得する時にかかる費用について紹介します。

 

取得にかかる費用はこの2つです。↓↓

  • 交付手数料(ナンバーを交付する際に必要な金額で、ナンバーの種類、大きさ、枚数によって異なります)
  • 寄付金(自治体を支援するための寄付をすることで、図柄入りナンバーの背景をカラーにすることができます。寄付金を収めない場合はモノクロの図柄入りナンバーとなります。)

 

↓↓こちらが寄付金ありのカラーバージョンと、寄付金なしのモノクロバージョン

 

ご当地ナンバープレートの費用は自治体によって変わるのですが、参考として東京2020オリンピック・パラリンピック記念ナンバープレートの取得費用を見てみましょう。

 

登録者車ナンバープレート代

★寄付金なし(東京2020エンブレムのみ)

大型番号標→14,880円(2枚1組)

(普通自動車で車両総重量8トン以上、最大積載量5トン以上または、乗車定員30名以上の車両が大型に含まれます。)

 

中型番号標→8,920円(2枚1組)

(普通自動車で上記の条件に該当しない車両を指します。)

 

★寄付金あり(東京2020エンブレム+背景図柄)

上記金額 + 寄付金は1,000円以上です。100円単位の任意。

 

※中型番号標の例:8,920円 + 1,000円 =9,920円

 

登録自動車とは車検証の「自動車の種別」が「普通/小型/大型特殊」のいずれかの車両のことです。

 

せっかくのご当地ナンバープレートなので、カラーのナンバープレートがいいよな~。

寄付金が必要だったなんて・・・知らなかったです。

私は、プラス1,000円くらいならカラーのナンバープレートを選ぶかな♪

 

ディーラーなどに手続きや取り付けを代行してもらう時は、手数料や工賃などが上乗せされるので注意です。

 

ご当地ナンバープレート(地方版図柄入りナンバープレート)の取り付けは自分でできる?

次に、自動車のご当地ナンバープレートは自分で取り付けできるのかな?

と疑問に思って調べてみました。

 

結論から申し上げると、

全部は自分ではできません!!

 

ナンバープレートの取り付け自体は簡単なのですが、最後に「封印」ネジを取り付けなくてはいけません。

 

自動車の所有者は、当該自動車のナンバープレートを取り付けた上、国土交通大臣または、国土交通大臣から委託を受けた者(封印受託者)の行う封印の取り付けを受けなければなりません。

封印を取り外した場合は、国土交通大臣または、国土交通大臣から委託を受けた者(封印受託者)の行う封印の取り付け(再封印)を受けなければなりません。

引用元:http://www.jabra.or.jp/jabranews/124/124_09.html

 

この、

「封印ネジ」を自分取り付けることができないんです!

 

封印ネジが付いていないナンバープレートでは公道は運転できないので、

  • 陸運局で取り付けてもらう
  • ディーラーや整備工場などで取り付けてもらう

という方法しかありません。

 

ちょっとお金は上乗せされますが、ディーラーや整備工場に取り付けてもらうのが簡単でよさそうな気がします。

 

まとめ

いかがでしたか?

今日は、

  • ご当地ナンバープレート(図柄入り)のデザインは?
  • ご当地ナンバープレート(図柄入り)の取得・申請方法や費用は?
  • ご当地ナンバープレート(地方版図柄入りナンバープレート)の取り付け方法など

について紹介しました。

 

  • ご当地ナンバープレート第3弾の交付は、全国41地域
  • 取得方法は専用ウェブサイトからの申し込みになる予想。
  • 費用はだいたい10,000円前後くらい。
  • 取り付けは「封印」が自分でできないので、陸運局やディーラーで!

ということがわかりました。

 

私もちょっと欲しくなりました~♪

ご興味のある方は、ぜひ申請してご当地ナンバープレートをゲットしてみてくださいね!

 

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*