ハウステンボスプール(水の王国)2018の場所や持っていく物は?料金や更衣室も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。わたそんです。

2018年の夏、ハウステンボス大好きな私が気になっていたのが、

ハウステンボス水の王国の

ワイワイビーチ!!

 

なんと、ハウステンボス内にビーチができました。

 

今日は、

  • ハウステンボスのプール(水の王国)2018の開催場所を地図で紹介!
  • ハウステンボス水の王国2018の場所や持っていくといい物は?
  • ハウステンボス水の王国2018の料金や更衣室も調べてみた!

についてまとめていこうと思います。

 

 

本物のビーチですよ~♪

早速遊びに行ってきましたので、今までと変わった所を紹介していきますね~(^o^)

最後までご覧ください!

スポンサーリンク

ハウステンボスのプール(水の王国)2018の開催場所を地図で紹介!

まずは、気になる開催場所です!

例年ハウステンボス水の王国のプールは、ハウステンボス内のアートガーデンで開催されていました。

 

2018年も例年通りアートガーデンにプールはあります。。。が、

大人専用(16歳以上)となっています!(注意!!)

 

 

2018年のプールの目玉はビーチ!!

ビーチがあるプールはロッテルダム会場となっています。

 

ロッテルダム会場??

普段は入場できないエリアなので知らない方もいらっしゃるのでは?

 

行ってみると・・・

水の王国ワイワイビーチへの案内が少なくて、年間パスポートを持っている私の友達も場所がわからなかったとか・・・^^;

 

もう少し案内増やしてほしいな~と思いました。。。

ちょっとわかりづらいです。

 

そこで、

水の王国ワイワイビーチまでのルートをさらっと紹介していきましょう♪

 

地図はこちら↓↓

画像引用元:https://www.huistenbosch.co.jp/guide/map/pdf/guidemap.pdf

 

まず、

入国ゲートから入場した後、フラワーロードへ向かいます

そこからアトラクションタウンへ向かいそのまま通過(VRの館やミューズホールがある場所です。)

スリラーシティを目指します。

スリラーシティには行かず、そのまま直進

まっすぐ行くと道路に【ワイワイビーチはこちら】と書いてありますので、それに沿って左に曲がる。

(道路に直に書いてあるので、わかりづらいです^^;

下を見ながら歩いてくださいね!)

左に曲がったら、そのまま真っすぐ歩くとプールが見えます。

 

ここが入口ゲートです。↓↓

ビーチっぽい!!

入国ゲートから結構歩かないといけないので、ちょっと大変でした^^;

 

歩くのが大変だな~という時は、

目的地まで1人300円の場内タクシーがありますので、そのタクシーを利用するのもありですよ!!

プールに行く時は荷物も多いのでこれは助かります♪

 

場内タクシーは電話で呼出しができます!

電話番号はこちら↓↓
0956-27-0245 (受付時間 10:00~閉園)

 

 

とここで、荷物の話が出たので、

ハウステンボスのプール(水の王国)に行く時に持っていく物のことを紹介していきますね!

 

スポンサーリンク

ハウステンボスのプール(水の王国)わいわいビーチに持っていくといい物は?

ハウステンボスのプール行く時、何を持っていったらいいのかな~と悩みませんか?

 

子連れで行く私は結構悩みます^^;

 

2018年の水の王国はビーチ!!

本物の砂のビーチがありますので、サンダルは必須です。

プールには裸足で入りますので、脱ぎ履きがしやすいものがいいと思います。

 

 


ビーチサンダルは、

プールの外に他の人のサンダルも一緒にたくさん置いてあるので、

間違わないように、間違われないように、名前入りビーチサンダルはおすすめ!!

詳細は画像をタップ↓↓

 

 

 

次に、

水の王国の定番のウォータースライダーなどで使いたい浮き輪

 

ハウステンボスでも有料でレンタルはあるのですが、

お気に入りのマイ浮き輪を持っていきませんか?

楽天市場には、インスタ映えしそうなかわいい浮き輪がたくさんありましたよ♪

↓↓ 詳細は画像をタップ

 

 

 

2018年のハウステンボスのプール(わいわいビーチ)は砂遊びができます!

こんな砂遊びグッズもあったら楽しいかも♪

 ↓↓ 詳細は画像をタップ

 

 

 

ハウステンボスプール(水の王国)2018のわいわいビーチは人工芝が敷いてあります。

 

休憩場所や荷物置き場として、レジャーシートを持っていきたいな~と思いました。

プールの水で濡れちゃう可能性もありますので、できれば濡れても大丈夫なレジャーシートがいいです!

↓↓ 詳細は画像をタップ

 

 

 

2018年のハウステンボスのプール(水の王国)は写真を撮りたい場所がたくさんあります。

そこで、

持っていく物リストに加えたいのが「防水のスマホケース」です。

楽天市場に防水レベルが最高水準のスマホケースがありましたよ~♪

↓↓ 詳細は画像をタップ

 

 

 

何かとお金を使う事が多いハウステンボスのプール。。。

2018年の水の王国会場も、

かき氷やフライドポテト、カレーライスなどなど出店も数店ありました。

 

泳いでいたら小腹も空きますよね^^;

防水の小銭入れもあったら便利かもしれません。

 ↓↓ 詳細は画像をタップ

 

 

 

 

プールに行く時、持っていく物が多くて荷物がたくさんになりませんか?

そんな時に便利なのがキャリーワゴンです。

 

オススメはこれです♪

コールマンのキャリーワゴン!!

耐荷重 : 約100kgで小さい子どもなら平気で乗れちゃう♪

 

子どもを乗せるのはあんまり良くないのかもしれないけど(笑)

 

たくさんの荷物も楽に運べちゃいます(^o^)

↓↓ 詳細は画像をタップ

 

 

他にも、

  • 水着
  • 着替え
  • ゴーグル
  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • ビーチタオル(ラップタオル)
  • 日傘
  • 水筒

などなど、持っていくものがたくさんありますね^^;

 

ちなみに、

ハウステンボスは飲食物持ち込み禁止なので手作りのお弁当などは持ち込みはできません。

 

あまり日陰がないので、手作りお弁当などは悪くなっちゃうからかもしれませんね^^;

 

ハウステンボスプール(水の王国)2018の料金や更衣室も調べてみた!

続いて

ハウステンボスプール(水の王国)わいわいビーチの料金を紹介します。

 

料金は、下記の通りです。

 

プール入場料(ハウステンボス入場料は別途必要です)

  • 年間パスポート→無料
  • パスポート→無料
  • 散策チケット→500円

散策チケットを持っていて、昼の部とナイトプールのどちらも入場する場合は(一旦退場しないといけないので、)1,000円必要ということになります。

 

ウォーターロングスライダー料金

  • 初回→無料
  • 2回目以降→200円
  • 1日フリー券→500円

 

有料席(休憩場所)

  • ブロック席(4名/2時間)→3,000円
  • シングル席(1名/2時間)→1,000円

 

レンタル料金

  • タオル1枚→200円
  • 水着(男女)各1着→1,000円
  • ウォータースライダー用浮き輪→1回200円(1日500円)

 

2018年の水の王国は、更衣室が以前とは違ってとっても広く作ってありました。

 

 

ごちゃごちゃして着替えられない。。。

外で更衣室が空くのを待つ。。。

ということはなくなりそうです。

 

 

 

昨年までは、混雑時にコインロッカーが足りない!!

という事態が起こっていましたが、2018年はその心配はなさそうです。

 

 

更衣室の中にたくさんコインロッカーがあります。1回300円)

更衣室の外にも少し小さめのコインロッカーが設置されています。(1回200円)

 

コインロッカーの料金が更衣室の中と外で違う!!(*_*)

 

荷物小さめの方は、

更衣室外のコインロッカーを使うと100円お得です♪

 

 

 

2018年のハウステンボスプール(水の王国)は、個室のシャワー室がありました。

 

仮設トイレもたくさん設置してありました。

更衣室も広々、個室のシャワー室完備(無料)、トイレもたくさんと快適に過ごせそうです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今日は、

  • ハウステンボスのプール(水の王国)2018の開催場所を地図で紹介!
  • ハウステンボスのプール(水の王国)に持っていくといい物は?
  • ハウステンボスのプール(水の王国)2018の料金や更衣室も調べてみた!

についてまとめてきました。

 

2018年のハウステンボス水の王国の目玉「WAIWAIビーチ」の開催場所はロッテルダム会場です。

(記事内に地図を掲載しています。)

 

料金は、

プール入場料(ハウステンボス入場料は別途必要)

  • 年間パスポート→無料
  • パスポート→無料
  • 散策チケット→500円

(その他、レンタル料金や有料席などの料金は記事内で紹介しています。

 

更衣室は、

  • とても広くなっていて混雑時でも入れないということはなさそう!
  • コインロッカーも更衣室内外に設置されていて、コインロッカー不足も解消されている

 

2018年のハウステンボスのプール(水の王国)は、色々な所がたくさん変わっていて、とても良くなっていると思います。

水上アスレチックやジャンボスライダーなどは無料で何度も遊べますので、ぜひお出かけしてみてくださいね!

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*