【虫歯8本】福岡で治療後に2歳児死亡!場所や原因・小児歯科の対応は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。わたそんです。

今日こんな悲しいニュースがありました。

ご両親は、その歯科医院を信用して娘さんの治療を

してもらっていただろうに、本当に憤りを感じます。

今日は、ニュースになった歯科医院のことについて

調べていこうと思います。

スポンサーリンク

そのニュースはこちら ↓

去年7月、福岡県内の小児歯科医院で

虫歯を治療した2歳の女の子が低酸素脳症に陥り、

2日後に死亡していたことが関係者への

取材でわかりました。

死亡したのは当時2歳だった山口叶愛(のあ)ちゃんです。

叶愛ちゃんは去年7月、福岡県内の小児歯科医院で

局所麻酔を使用した虫歯の治療を受けた後、唇が紫色になり、

目の焦点が合わない状態になりました。

関係者によりますと、異変を訴える両親に対し、

男性院長は「よくあることだ」と説明して、

何の医療措置もとらず、およそ45分後に両親が自力で

叶愛ちゃんを近くの病院に運んだということです。

叶愛ちゃんはその後、大学病院に救急搬送されましたが、

低酸素脳症に陥り、2日後に亡くなりました。

大学病院から通報を受けた警察は、業務上過失致死の疑い

があるとみて捜査しています。

小児歯科医院の院長は「必要な措置はとったと考えている」

とコメントしています。

https://headlines.yahoo.co.jpより引用

 

本当に必要な措置はとったのでしょうか?

私にはそうは思えないような気がしてなりません。

 

↓↓ 歯周病(歯槽膿漏)の予防に!

 

 

事件のあった福岡の歯科医院はどこ?

福岡県春日市にある、

にこにこ歯科

じゃないか・・・と言われています。

 

 

治療の内容は?

時系列でまとめてみます。

 

フッ素を塗らないといけないなと思い歯科医院を訪れる。

生後10か月歯科検診の時に虫歯予防のフッ素を塗る

↓↓

 

その時に虫歯が見つかり、

治療が終わってからフッ素を塗りましょうと医院から言われた。

↓↓

 

2017年の5月に8本の虫歯が見つかり、その後4回治療を受ける。

 

4回目の治療で初めて局部麻酔を使用。

 

治療は、ゴム製のカバーを使用。

ゴム製のカバーは、治療する虫歯だけを露出するカバー。

口をふさぐ状態だったとか。

 

0歳から2歳くらいは、鼻呼吸が苦手なので、ゴム製のカバーはあまり使用しないのが一般的。

 

治療後の異変は

  • 熱が42℃以上、
  • 意識がない
  • 手足は冷たい
  • 心臓が止まる→蘇生する
  • 大人の顔くらい腫れる
  • 鼻や口から血が出る
  • 手足が腐ったように真っ黒。。。

 

といった症状があったということです。

 

ご両親は生きた心地がしなかったと思います。

自分が苦しいよりも、我が子が苦しんでいる方が、親はつらいです。

 

 

病院側の対応は?

ご両親は、

「抱きかかえようと思ったら、固まっている状態だった。触ったことない感触だった。おかしいと思った。」

 

「普通じゃないから」と申し出るも、院長は鼻で笑う感じで

「よくあることですよ」

「普通の治療をした。間違った判断はしていない」

と言ったそうです。

 

もっと真剣に処置してくれていれば

助かったかもしれないのに。。。

 

死因は?

  • 麻酔によって、アナフィラキシーショックを起こした可能性もある
  • 口をふさいで、呼吸ができなくなっていたのかもしれない

という見解でした。

まだ特定できていないようです。

スポンサーリンク

★2/20追記★

2歳の女の子の死因は

「急性リドカイン中毒による低酸素脳症」だということがわかりました。

誤って血管に麻酔薬が投与された可能性があるとのこと。

歯医者の先生の意識の甘さが、本当に許せませんね!!

 

子育て中の私は、とても他人事とは思えません。

 

 

まとめ

今日は、福岡県で起きた悲しいニュースについて

  • 事件のあった歯科医院はどこ?
  • 病院の対応や

調べてきました。

 

 

↓↓ 歯周病(歯槽膿漏)の予防に!

 

ネットでは、

2歳で虫歯が8本もあるなんて!!

という批判の声もありますが、

体質や遺伝で、虫歯ができやすいということもあります。

 

歯磨きだけではどうにもならないこともあることをわかってほしいです。

 

2歳児のイヤイヤ期で、歯磨きも毎日戦争であることも

わかってほしいです。

 

のあちゃんのご冥福をお祈りいたします。

 

こんな事件が二度と起こらないことを、切に願います。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*